ウーマン

物騒な昨今はGPSで防犯対策をしよう|万が一に頼れる存在

玄関前のトラブルに

困るメンズ

鍵を紛失したときは鍵屋に依頼して開錠してもらいましょう。そのときは自宅から近いところに位置している業者を選ぶことが大切です。また、鍵屋に鍵作成と交換をお願いすることもできます。HPで工事料金を事前にチェックしておくのもいいでしょう。

自宅の安全を守るため

困る女性

玄関前に監視カメラを設置することで、侵入者を記録したり、犯罪を抑止することができます。ネットワークカメラであれば、自動でパソコンに映像を残すことができます。また、購入するときは高画質のものや赤外線機能があるカメラがおすすめです。

位置情報を掴むために

スマホと家

現在の位置情報を把握するために便利なものがGPSです。これを所有しておくことで、防犯対策をすることが可能です。用途として、高価な家財道具や高級品に付けるといいでしょう。近年は小型のGPSが登場しており、目立たない場所にこれを付けることが可能になっているのです。それによって、高級品が盗難されたとしても、それが現在どこにあるのか把握することができます。また海外旅行で治安の悪い場所に行ったときに、もし持ち物が盗難されてもすぐに後が追えるでしょう。盗難犯の特定にも繋がるので、防犯として大いに役に立つことができます。しかし、自分で犯人及び盗難物を追うと犯罪に巻き込まれる可能性があるので、最初に警察に届け出て捜査協力としてGPSを提供するといいでしょう。万が一に頼れる存在です。

また、子どもの安全を図るためにGPSを付けさせることもあります。もし誘拐などの犯罪に巻き込まれても、すぐに位置情報を把握することが可能です。加えて、習い事で帰宅が遅くなったときも、どこにいるのか分かるので親として安心して外出させられるでしょう。一部のGPSは警備会社と連携をとっており、所有者からの発信があれば警備員がすぐに駆け付けてくれる機能があります。この機能があれば例え子どもの身に問題が起こっても、迅速な対応が可能です。最近は認知症をともなった高齢者にGPSを付けさせることもあります。深夜徘徊対策や行方不明になったときも、簡単に見つけ出すことができるでしょう。自分の身を守るために身につけて、家族に位置を知らせることも可能です。このようにGPSには様々な使い道が存在します。

設置が億劫に感じたら

防犯カメラ

効率的に防犯カメラを取り付けたい方は、設置業者に依頼するといいでしょう。店舗によっては操作方法を指導してくれたり、故障の際にアフターサービスとして修理を承っています。カメラの定期メンテナンスを行っているところもあります。