男性

物騒な昨今はGPSで防犯対策をしよう|万が一に頼れる存在

自宅の安全を守るため

困る女性

自宅の防犯対策を重視している方は少なくないでしょう。そんな方は監視カメラを設置するのがおすすめです。玄関前に置くことで、侵入者や不審者の行動を逐一記録することができます。最近はネットワークカメラが主流になっており、これは記録した映像を自宅のパソコンに自動的に保存してくれます。そのため、設置者が特に何か設定せずとも自宅の安心を守ってくれるのです。また、ワイヤレスになっているカメラが多いので、ケーブルの整理に煩わされることもありません。監視カメラはその存在だけで犯罪の抑止力になると言われています。たとえば、玄関から泥棒が侵入しようとしても、カメラがあれば侵入を思いとどまるかもしれません。また、泥棒は侵入前に家のチェックを行いますが、防犯カメラが置いてある家は、そもそも侵入の対象外になる可能性があります。

監視カメラを購入する際は、優先事項を決めておくことが大切です。カメラによっては安価で買えるものも存在していますが、それだと画質が低いかもしれません。侵入者のことを映していても、画質が低いせいで顔がはっきり映っていなければ記録としての意味が薄れてしまいます。52万や100万といった画素によって価格が異なってくるので、購入前に画質を確認して、防犯として納得のいく質の監視カメラを買うようにしましょう。また、赤外線機能を持っているカメラであれば、夜間でも綺麗な映像で残すことが可能です。もし夜間に自宅を空ける方であれば、このようなカメラを購入するのもいいでしょう。